ナツトウダイ 夏灯台(夏燈台)
 Euphorbia sieboldiana C.Morren et Decne. トウダイグサ科 トウダイグサ亜科 トウダイグサ属
 

花 東三河 吉祥山 2005.4.24

 三日月形で先が細く尖っていて、手裏剣状に見える紅色のものは雄花の一部で、杯状花序の腺体です。杯状花序の腺体が全縁の楕円形をしているものが、同じトウダイグサ亜属のタカトウダイやイブキタイゲキです。また、イブキタイゲキやタカトウダイの子房は無毛で、外面には鈍頭のこぶ状突起が密生しています。ナツトウダイやマルミノウルシの子房の外面は平滑です。

 「灯台(燈台)」とは、昔、照明に用いたローソク(蝋燭)を立てる台のことです。「夏」の名があるものの、花はもっと早い時期です。

 分布は北海道〜九州。

Wander!花・植物吉祥山

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO