ヤマモモ 山桃
 Myrica rubra Siebold et Zucc.
 ヤマモモ科 ヤマモモ属


幹 東三河 宮路山 2004.7.11


 

 

葉 東三河 宮路山 2006.1.22


 



葉 東三河 弓張山脈 2006.1.28

 会社の玄関前にも植えてあるほどで、東三河ではごく一般的な樹木でしょう。1枚目の写真は根元から放射状に幹を延ばしていて立派に見えます。最初、何の木かわからず、「このきなんのき」掲示板で質問しました。そして名前を聞いて、こんな立派になるんだ、と感心しました。実があれば気づいたのかもしれませんが、雌雄異株で、雄株だったのか、それまで何度か見ていても実がなっていたのを見た記憶がありません。ただ、残念なのは、立派な木で目立つのか、かなり古いと思われる文字の太くなった落書きがありました。この木のある場所はガイドブックに紹介されているような登山道ではありませんが、以前から歩かれていた道だと思われます。

 樹皮は灰白色ですが、若い枝は写真のように緑色で、葉柄の付け根は赤みを帯びています。葉は互生ですが、枝先に集まる傾向があります。葉身は広倒披針形。成木の葉は全縁ですが、5枚目の写真のように若い葉には粗い鋸歯があります。

 葉脈は、まるで地図を見ているように複雑につながっています。

Wander!花・植物2004年の宮路山2006年の宮路山弓張山脈

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO