ズミ(コナシ、コリンゴ、ミツバカイドウ) 酢実(小梨、小林檎、三葉海棠)
 Malus toringo (Siebold) Siebold ex de Vriese
 バラ科 ナシ亜科 リンゴ属
 

 

 

 

花・蕾 八子ヶ峰 2006.6.6


 



花・蕾 鷲ヶ峰 2006.6.6

 花は白く、蕾は紅いのが特徴的です。同じような場所に同時期に咲くエゾノコリンゴは蕾も白いので区別がつきます。1枚目の花の写真は咲いてからしばらく経っているのか、ほぼ真っ白で、部分的に虫に食われたのか、花弁に欠けている部分も見られます。2〜3枚目の花の写真は、花弁の一部にまだ赤みが残っています。4枚目の写真は岩の上を枝が這っているように伸びています。日当たりがいいのか、蕾の多い中にあってここのものは花が多くついていました。5枚目は花と蕾の両方が写っています。6枚目は蕾のみ。7枚目は樹皮の様子もわかります。8枚目は少し離れて撮ったものですが、枝は幅広く広がっています。

 高さ10mほどにもなるそうですが、八子ヶ峰で見たものはそんなに高いものは見かけませんでした。だいたい2〜3mほどだったと思います。まだ若い木ばかりだからでしょうか。花弁は5枚。花柱は3〜4個。雄蕊は多数あります。

 鷲ヶ峰の写真では、全縁の葉が写っています。蕾の大きくなったものもあります。

 名の由来は「染み」で、樹皮が黄色染料に使用されたそうです。

 分布は、北海道、本州、四国、九州の山地となっています。

Wander!花・植物八子ヶ峰鷲ヶ峰

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO