グンナイフウロ(イブキグンナイフウロ) 郡内風露
Geranium onoei Franch. et Savat. forma reinii (Franch. et Savat.)
フウロソウ科 フウロソウ属 グンナイフウロ節
 

 

 

 

 

 

花 伊吹山 2006.6.24

 最初にグンナイフウロの仲間(タカネグンナイフウロ?)を見たのは南アルプスだったか、ハクサンフウロに似ているが、ハクサンフウロほど弱々しくなく、しっかりした感じのする花だという印象を持ちました。花弁は平開し、長い花柱が突き出ます。

 花はフウロソウ科の中で最大といいます。分布は北海道西部と本州の磐梯山以南で、南限が写真の伊吹山となっています。和名の「郡内」とは、山梨県東部の郡内で発見されたことによるそうです。郡内とは、山梨県の地域区分でよく使われている呼称だそうで、中西部の「国中」と、東部富士五湖の「郡内」とに分かれています。

 茎や萼片には開出する毛が密生します。葉は互生ですが、最上部の葉だけは対生し、葉身は掌状です。

参考:『伊吹山ミニ事典 増補版』(名阪近鉄バス 自動車道部 関ヶ原営業所 発行)

 フウロソウ属には、他に、ゲンノショウコ(フウロソウ)ハクサンフウロアメリカフウロなどがあります。

Wander!花・植物

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO