ニョイスミレ(ツボスミレ、コマノツメ) 如意菫(坪菫) 漢名:如意草
Viola verecunda A.Gray
スミレ科 ニョイスミレ類


花 東三河 吉祥山 2005.4.24




花 東三河 舟着山 2007.5.3

 スミレの仲間では花期が最も遅いものの一つ。写真のものは唇弁にある紫の筋が特に目立ちます。

 東アジアに分布し、日本国内では南西諸島を除くほぼ全土となっています。

 ツボスミレの「ツボ(坪)」は「庭」の意味です。庭に咲くスミレの総称としてもツボスミレの名が使われていたそうで、また、タチツボスミレもあり、紛らわしく、ニョイスミレという呼び方も広く普及したようです。また、ツボスミレの漢名を「如意草」というそうです。

 本種の変種として、葉がブーメラン形になるアギスミレがあります。

 参考:『日本のスミレ』(山と溪谷社)、『街でよく見かける 雑草や野草がよーくわかる本』(秀和システム)

Wander!花・植物

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO