ユキグニミツバツツジ 雪国三葉躑躅
Rhododendron lagopus Nakai var. niphophilum (T.Yamazaki) T.Yamazaki
(シノニム:Rhododendron nudipes Nakai subsp. niphophilum T.Yamazaki)
ツツジ科 ツツジ亜科 ツツジ連 ツツジ属 クロフネツツジ亜属 ミツバツツジ節 コバノミツバツツジ列
 

花 福井 岩籠山 2011.5.2

山麓に咲いていました。


 

花 福井 天筒山 2011.5.1

 ミツバツツジの仲間を見分けるのはなかなか大変です。北陸あたりにあるのは何だろうと何年か前から気になっていましたが、中池見を訪れたとき、「ユキグニミツバツツジ」の表示を見かけ、労せず和名を知ることができました。

 花柄や萼全体に淡褐色の軟毛が密生するのが特徴の一つです。雄蕊は10本で長短があります。花糸、花柱は無毛で、子房には淡褐色の軟毛が密生します。

 『日本の野生植物 木本』II(平凡社)によると、分布は、「秋田県南部から鳥取県東部までの日本海側の山地の林内に生えるが,近畿地方では瀬戸内海側まで広がる。」とあります。

 トウゴクミツバツツジの花柱は下半部に腺状の細毛がやや密に生えています。

Wander!花・植物

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO