ハゴロモヒトツバ
Pyrrosia lingua (Thunb.) Farwell f. monstrifera Tagawa
シダ綱 ウラボシ目 ウラボシ科 ヒトツバ属
 



葉 弓張山地 赤岩尾根 2009.2.11

 ヒトツバの奇形的な品種です。葉の下部の縁が鋸歯のようになっているのが特徴ですが、同じ株でも、必ずしも明瞭に葉がそうなっているわけではありません。

 品種名の、"monstrifera" は、「奇形部を有する」というような意味だと思います。

 3枚目の写真では、葉縁の突出は、葉脈毎にあるのがわかります。

 『日本の野生植物 シダ』(平凡社)によると、分布は、紀伊半島から四国にかけて、となっていますが、上の写真は愛知県に自生していると思われるものです。

 なお、葉先が分かれているものは、シシヒトツバというようです。

Wander!花・植物大蔵山

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO